情熱大陸 動画 【緊急取材 能登半島地震発生から1か月『情熱大陸』が見つめた被災地の今】 ♥

情熱大陸 動画 【緊急取材 能登半島地震発生から1か月『情熱大陸』が見つめた被災地の今】 ♥

動画内容:
元日、北陸地方を襲った地震—。いまだ先の見えない被災地で、かつて番組で取材した人たちは…。それぞれの決意、行動、故郷への祈り。直面する被災地の今とこれから——

2024年の元日、石川県で震度7を観測し北陸地方を襲った地震。特に被害が甚大な能登半島は、『情熱大陸』で何度も取材に訪れた土地だ。 能登ならではの食材を駆使し民宿を営むオーストラリア出身のベンジャミン・フラット。現在水道は復旧したものの、営業再開の目処が立っていない。それでも「今が縄文時代と思えば不便さは感じない」と妻や娘と励まし合う。人生の半分を過ごした“ふるさと”に尽くす覚悟を決めた姿とは。

約10年前、『情熱大陸』に出演したのは穴水町出身の関取・遠藤。今月14日に始まった初場所の土俵入りで、化粧まわしに能登穴水町のシンボル「ボラ待ちやぐら」が描かれていた。罹災した故郷への祈りと、すぐに駆けつけられない忸怩たる思い。だが、被災地では遠藤を応援する姿があった。 そしてジェラート職人・柴野大造と共に故郷の能登町行きに同行。惨状を目の当たりにした柴野は、再興のため決意を新たにする。

出演:
緊急企画 能登応援SP

(Visited 196 times, 1 visits today)

関連動画: